植物との暮らし方について

置き場所のこと

置き場所は 「風通し」「適度な日の当たる」
屋外での管理が基本です 

寒冷地の冬でもできるだけ自然環境に近いところに
置くことで植物が健康に育ってくれると考えています
 
屋内で管理をしていても
窓辺などで気をつけながら管理をして
枯れずに育ててくださっている方ももちろんいらっしゃいます

しかし同じ土地 同じ植物で「屋内」「屋外」で
育ったものは 明らかに違う姿をしており
明らかに 屋外に置いているほうが 健康的に育っている
というのを 実際に見て感じている
(屋内での管理では 枝の間延び・葉数の減少・
花が咲かない・葉が大きくなる・・などの状態に
なっていることがあります)

そして何よりも植物が本来育つべき場所が
「屋外」であるということが大きいのです

屋内鑑賞は 少しだけ あとはお外で気持ちよく
育ててあげましょう

以下注意点です

 ●日当たりについては 樹種にもよりますが
春や秋・冬は日の当たる場所を好む植物が多いのですが
近年の夏に関しては直射日光が強く 葉焼けや苔焼け
をしてしまうことがあるので 東向きの屋外や寒冷紗・スダレによる遮光をして屋外に置くことをおすすめします

●地面への直置きは 夏の高温や冬の冷気が根に直接あたり
弱ってしまうことなどがあるため 
地面からなるべく離すように高さのある棚や台(金属製の網状のもの)に置く事をおすすめします

●室外機の風が強く当たる場所は避けましょう 
●屋内で鑑賞したり 飾る際は空調の風が直接あたったり
照明の熱があたるような場所は避けましょう
●氷点下10度を下回るような寒冷地(北海道・東北・信越地方など)では冬の寒風や霜、雪から保護するため
ビニールハウスや風除室に置く、いつもの棚にビニールなどの膜を張る、朝晩の冷え込む時間は室内に入れるなどしましょう。ただし 冬の寒さ(気温)自体には強いものが多いと言うことと寒さに当てることで萌芽スイッチが入ると言うこともありますので、断熱されていたり極端に暖かい室内にずっと置くことはやめましょう

お水やりのこと

 盆栽の植物たちは 観葉植物やサボテンなどに比べ
乾きが早く お水をたっぷりとこまめにあげる
必要があります

観葉植物やサボテンを枯らしてしまったからという
理由や屋内で育てていたことにより枯らしてしまった方など
お水をあげることを躊躇い 枯らしてしまったという
お問い合わせをよく受けます

植物を日々観察してあげて
ぜひ 以下のポイントでお水をあげるようにしてください

ー(基本)ー
土の表面が乾いてきたり 苔を触って
パサパサしてきたらお水やりの合図です
底穴から抜けるまでたっぷりお水をあげましょう 
(土全体が乾ききるより早くあげてください)

  

●頻度の目安
 ①春・秋は「1~2日に一回程度」
②夏は「1日に2回程度」(寒冷地では1日1回でよい
場合もあります)
③冬は「2~3日に1回程度」です 
●植物は 日中に行う光合成の際 水を原料として
行っていたりするので お水やりは 基本的に朝にあげることをおすすめします。※夏場は 朝夕にあげ てもよいですが
日差しの強い日中はできるだけ避けましょう
●常に水のたまった皿の上に置くことは根腐れの原因になるので避けましょう 

●お水やりの際に 葉や枝にもお水をかけてあげると
砂埃などを落とせるので病害虫の予防にもなり 
葉艶もよくなります 

●雨は当たったままでも構いませんが 雨が一週間以上など長期降り続く場合や 積雪時には 軒下等に移動させてあげましょう 

肥料のこと

作成中

剪定や植え替えのこと

作成中

旅行の際のお水やりのこと

外出時のお水やりは 「腰水」という方法で
数日のお水やりを補うことができます。
ただし 多様すると根腐れの原因にもなりますので
あくまでも応急処置として行うことをおすすめします
【腰水の方法】
ボウルやバットなどに植木鉢の下から3/1~半分程度の
水を貯め、鉢をつけておきます。
そうすることで 植物が底穴より吸水をし 春や秋なら4~5日、夏は3~4日、冬は1週間程度越すことができます。
(注意点)
●冬は 屋外に置いたままですと凍結してしまうことがあるので
風除室や玄関など空調のきいていない屋内に置く等しましょう
●春・夏・秋は外に置いておきますが 夏は日差しがあたると
水が湯に変わってしまうので リンゴ箱のように片面の空いている箱など日除けができ 風の通る場所に置くようにしましょう

※一番安心なのは 人の目の届くところにあることなので
数日でしたらカゴなどに入れて一緒にお出かけしたり
信頼できるお店やご友人に預けていただくことも
おすすめします。


苗木の生産と育成

植え替えや挿し木 施肥や種まき 
四季を通して 手入れをしながら
植物個々のことを見守り 学びながら 共に暮らしています

植木鉢の制作


植物の生育に適した形を日々研究し
くらしに寄り添う 陶製の鉢をアトリエで制作しています

展示 販売

全国各地 さまざまな場所で年に数回
野山やよく見る通りの景色
素朴で嫋やかな植物を鉢に映し出した盆栽たちを
展示販売しています
お知らせは ホームページの他 SNSで告知をしております

教室

季節の草木を使った盆栽をお作りいただける会を行っています
(対面 や ZOOMを使ったオンラインでの教室を行っています)

※現在 は お休み中

診療 メンテナンス

永く大切な植物たちと寄り添っていただくために
剪定のことや お水やりの方法 日々の些細なことなど
生育のご相談など 定期的にお手入れやご相談の会を設けています
遠方の方などは Gmailに写真を添付の上
お問い合わせください